今日も暑かったね。


どんな一日でしたか?


俺は暑いながらも、新曲のメロディーやら歌詞やらを、あがいて探しまくってた。




でも、どんなに汗だくになっても、やっぱり夏は大好き。

たぶん、幼い頃の夏が、楽し過ぎたからだろう。



両親の実家は、俺が住んでいた場所より、さらに2時間離れた島にあって、休みになれば毎年、フェリーに乗って遊びに行っていた。


着けばそこは、絵に描いたようなド田舎。


毎日がイベントだ。



海水浴

虫取り

花火大会

そして、スリル満点の怪談話。



しかし、そこには、さらに上のスリルを感じる遊びが存在する。



その島の、肉牛の飼育が盛んという特性をふんだんに活かした、一瞬の気の緩みが命取りになる究極のゲーム・・・。




その名も




「牛のウ○チに、爆竹入れて、どこまで我慢できるかな」





あれは、ホントやばい。





爆竹には知っての通り、一本一本破裂するまでムラがある。


「あれ、破裂しないな?」と思ってたら、いきなり「BANG!!!」てものまで存在する、そんな危うい花火。

逃げ遅れたら、いっかんの終わりだ。



そして、一番気の毒なのが、点火した直後

「何やってんの?」

と、何も知らず近づいてくる奴・・・。




考えただけで、ゾッとするな。




とりあえず、忠告しておきます。




都会っ子は、マネしないほうが身のためだぜ。




あ、あと書き忘れた





「下ネタ注意」




運命