「hey hey ポリスマン!お前なんか目じゃないぜ!」

 

昨夜のスタジオで、ロザンナドラム大浪はそう歌い、叫んでいた。

 

"社会の常識なんか、くそっ食らえ"

 

正義の象徴ともいえる警察への、体制への反発。

 

彼のドラムには、そんな反骨の精神が宿っている事を、もう18年程近く同じバンドをやっている俺は知っている。

 

風貌もそう。

今でこそ、いっぱしの社会人的な容姿をしているが、2005年くらいの、坊主ヘアスタイルの頃は危険だった。

 

坊主頭に、ディアドロップのサングラス。雪駄を履き荷物を収納するバッグに、セカンドバッグをチョイスした極道的な外見は今思えば、右にならえで進んでいく一般世間への反発だったように思う。

 

そんな、彼がロザンナで唯一ボーカルをとる曲。

それが冒頭の歌詞で始まる「マッハマン」だ。

 

歌はこう続いていく。

 

「おいらがバチを持ったなら 

hey hey マッハのさ ビートが駆け抜ける!

アクセルは全開 オーイェ!」

 

今という時代よりも、さらにその先に駆け抜けようという信念。

まさに、アヴァンギャルド。

ドラムを操る表現者だ。

 

そんな彼の生誕38年を記念して、2020年1月18日(土)新大久保CLUB voiceにて、ロザンナ企画を開催します。

 

マッハの先にある光景を、是非あなたに。

 

ps,この曲が、ドラム大浪の私怨(スピード違反の取り締まり。高速道路一日に2度。)によって生まれた曲だという話があったり、なかったり。

 

運命

 

♡おすすめ記事♡

 

美学

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133637

 

口癖

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133768

 

809号室

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133758

 

気が利く仕事

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133754

 

孤独とは

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133738

 

視線の力

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133721

 

既読スルー

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133708

 

やさしい男

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133699

 

非力

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133680

 

ハインリッヒの法則

http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133657

 

---------

ロザンナライヴ
◯2020年1月18日(土)新大久保clubvoice
ロザンナプレゼンツ
どしゃぶりでアイムソーリーvol.8
〜新大久保は今夜も雨だった〜
俺のマッハなビートに乗れ!
大浪38special

共演/
today is the day
太鼓侍
ロザンナ
and more

開場/開演
未定

チケット
前売り2500円+d

 

 

ロザンナ 運命

青鬼盤より 鬼ノ劇場

阿野運命 弾き語り かげふみ

阿野運命 あの雲にのって

 

 

---------

阿野運命

 

 

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL