●突然の死


 

先日、お世話になった叔父さんが亡くなった。

 

突然の死の知らせ。

 

母親から聞いた話によると、数年前からがんを患っていたとの事。

 

享年68歳。

 

人生80年、100年と言われている現代からすれば、早過ぎる死かもしれない。

 

 

叔父さんは、母親の兄にあたる。

 

出身は、長崎にある五島列島最北端、宇久島。 

 

俺が物心つく頃には、島を離れ広島に住んでいて、18歳まで長崎の佐世保、その後上京した俺が叔父さんと会えたのは、数える程度だ。

 

それでも、人生の節目には、必ずメッセージやお祝いをくれ励ましてくれた。

 

感謝しかない。

 

 

 

 

叔父さんとの思い出で覚えているのは、俺が小学生の頃。

 

毎年夏休みになると、宇久島にある祖母の家に遊びにいっていたのだが、その叔父さんも里帰りで、俺と同じ年頃の子供たちを連れ、島に遊びに来ていた。

 

とてもやさしくて、集まった子供たちから

 

「フジおじさん(フジオが叔父さんの名)、海に連れていって!」

 

と、せがまれ、微笑んでいた光景を今でも思い出す。

 

子供たちに向けた眼差しの温かさ。

 

大人になって気づいた。

あれは愛だ。

 

叔父さんだけではない。

 

両親、祖父に祖母、親戚の人たちに囲まれ過ごした時間。

今思えば、たまらなく愛が溢れていた。

 

今では、その祖父も祖母も亡くなり、叔父さんもいなくなった。

 

もう、どこを探してもあの時間は存在しないのだ。

 

 

●42歳厄年


 

40歳の今年。数え年で42歳になり、厄年にあたる。

 

しかも大厄らしい。

 

「厄年には、悪い事が起こる。」

 

世間では良く、そう言われる。

 

現に、俺もがん検診で引っ掛かり再検査を受け、初めて胃カメラを飲んだ。

 

(再検査の結果、慢性胃炎との診断。最悪の結果は免れるも、ピロリ菌に感染している可能性があるらしい。しかし、それより何より胃カメラの辛さ。「がんなんかで死にたくない。」と飲んだ胃カメラで「この辛さから逃れられるなら、死んでもいいかも」と思うなんて。。。)

 

そして、がんの恐怖に輪をかけて襲ってきたのは、肩の猛烈な痛み(寝ているだけでも痛かった。おそらく、四十肩。)。

  

 

自分の体調不良、叔父さんの死の知らせ。

 

この記事を書いてる途中には、以前このブログにも登場した、義母の溺愛しているイヴちゃんも亡くなった。(運命ブログ 魔性の女 参照 http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133707)

 

今まで当たり前に存在した【健康】や【生命】が、立て続けに消えていく。

  

ふりかかった、一連の出来事。

 

よく言われる「厄年には、悪いことが起こる。」は、その通りなのかもしれない。

 

形あるもの、いつかはガタも来るし、いずれ滅びる運命にある。

 

40歳近くになれば、周りにいる家族、昔お世話になった親類も同じだけ年を取り、老いている。

 

病気になり、悲しいが亡くなる人が出てくるのも当然だ。

 

子供がいれば、成長し行動範囲が広くなり、怪我をしたりとリスクも増えるのもこの年代。

 

いろんな出来事がまとめて起こるのが、この厄年なのだろう。

 

スピリチュアルな事であったり、偶然な事ではない。

 

 

 

●バトンタッチ


 

叔父さんの死を知る、数日前。

 

弟に、待望の第二子が誕生した。

 

可愛らしい男の子だ。

 

母子ともに健康。こんな嬉しい事はない。

 

第一子も男の子で、現在2歳。超人見知り。

 

半年前。

 

第一子に会うのは二度目だったが、「こんにちは。」と挨拶すると、そんな人見知り全開で、ささっと親の影に隠れてこちらを伺っていた。

 

またそこが可愛らしく、笑ってしまった。

 

その光景で思いだし、気づいた。

 

俺が、その子を見る眼差しは、間違いなく愛に溢れていた。

 

お世話になった、叔父さん、祖父に祖母からバトンタッチしたのだ。

 

今度は、自分達が愛を与える番。

 

もうすぐ、春が来て、夏が来る

 

子供たちと、海に行きたくなった。

 

 

運命

 

 

人見知りの第一子と、先日産まれた赤ちゃん。

 

ーーーーーーーーーーーー

●ロザンナ ライヴ情報

2019年7月7日(日)新大久保CLUB Voice

 

OPEN/16:00 START/16:30 ¥2000(2D別¥500)

 

詳細は

http://clubvoice.jp/smartphone/17anniver.html

まで。

 

★チケット予約

http://banban-banban.com/page007.html 

上記ページの、メールフォームよりお願いします。

〜チケットのご予約は、お名前、日付、枚数を記入の上、送信ください〜

---------

ロザンナ 運命

青鬼盤より 鬼ノ劇場

 

---------

阿野運命

 

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL