LINE。

 

それは今、最も多くの人が使用するコミュニケーションツールだ。

 

『短文で、会話をしているかのように利用できる。』

『スタンプを使い、文字を入力せずともやりとりが成立する。』

等々、メリットが多く見受けられる。

 

しかし、便利な故に起こる問題も。

そのなかのひとつ「既読スルー」。

メッセージを送り、既読マークがついたにも関わらず、返信が返ってこない現象。

 

「なぜだ、何故なんだ…。」

 

そんな疑心暗鬼にかられる事態に陥った経験が、LINEを使った事がある者ならば、一度くらいはあるのではないだろうか。

 

かくいう僕はというと、連絡を取り合う間柄の人達は以外と連絡をマメにくれ、こちらが送った連絡事項には素早く反応してくれる事がほとんど。

 

特に、サポートでベースを弾いてくれるエイプ君。

 

彼は本当に、レスが早い。

できる男はメールの返信が早いと良く言われるが、まさに典型的な例だろう。

 

しかしLINEでのやりとりの中で、やはり返信がなく「ヤキモキさせられる」、そんな経験はもちろんある。

 

さすがに、「誰々が既読スルーをしやがった」なんて名指しするのは当事者達に悪いため、分からないよう実名はふせ、イニシャルにてその時の様子を伝えようと思う。

 

 

まず、一人目はロザンナの元ベース T君。

 

二週間ほど前だ。

 

阿野「ひさしぶり、今度飲みに行こうぜ!」

 

と送った、ラインメッセージ。

すぐさま、既読マークがついた。

 

「おお、阿野っち!是非、行こう!」

なんて、その時は瞬時にこういった返信がくるとばかり思っていた。

 

しかし、1日経ち、2日経ち、3日経ち…。

一向に返ってくる気配がないのだ。

 

「なぜだ、何故なんだ…。」

 

僕は不安から、いろんな人に連絡をした。

 

「T君と、この頃会った?」

「T君、この頃何してるか知ってる?」

 

しかし、みんな知らないという。

 

中には

「阿野さん、Tさんに嫌われてるんじゃないすか?」

等と言われる始末。

 

「嫌われることを言ったりした記憶もないが、いつの間にか傷付けたりしていたのだろうか…。」

 

十何年同じバンドをやっていて、こんな寂しい事はない。

 

4日経ち、5日経ち…。

やはり、返信がくる気配はない。

仕方ねえか…。

 

と、諦めかけていた先日。メッセージを送った日から、13日目。

 

チャラン(ラインの受信の音)

T君「お疲れ!返信遅れて申し訳ない(^_^;)会いたいね!是非飲もう!」

 

なる返信が。

 

良かった、嫌われてなかったのだ。

13日間の寂莫を乗り越え、無事、飲む約束を交わしたのだった。

 

 

そして、二人目はロザンナのドラム O君。

こちらも7月はじめ、バンド関係の用事があったので、その旨メッセージを送った。

 

LINEメッセージを送り、1日経ち、2日経ち、3日経ち…。

同じく、返信はない。

 

しかし、彼の場合は「既読スルー」どころの騒ぎではなかった。

 

既読にすらならなかったのだ。

 

さすがに呆れて、ショートメールで「O君、お願いだからLINEを見てくれ」と送信。

LINEを送ったことを、他の手段で伝えるという、貴重な経験をしたのだった…。

 

 

さて、この二人。

イニシャルトークの為、誰の事なのかまったく分からなかったと思うが、最後にあえて彼らを紹介しようと思う。

 

その二人とは、長年同じ夢の場所を目指した、とても大切な仲間です…。

 

うわ、こんなクサい事を書いてしまった。

 

読んでくれた方、感想なんていりません。

 

 

既読スルーでお願いします。

 

 

運命

---------

●11月25日(日)

三軒茶屋ヘブンズドア

 

ロザンナ、どしゃぶり企画ライヴ開催します!

 

詳細後日。

---------

ロザンナショップ「鬼ノ劇場」オープンしてます!

音源、鬼ノ劇場、タオル販売してます

鬼ノ劇場のある場所

埼玉県戸田市下戸田1-18-8スーパーベルクス2階

hop100彩 戸田店

 

青鬼盤より

鬼ノ劇場(youtube)

---------

阿野運命

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL