平山夢明著

「他人事」

 


他人事 (集英社文庫)

 

平山夢明。 ホラー小説や映画監督等、多方面で活躍している作家さん。

 

夏には、主演 藤原竜也、監督 蜷川実花で、代表作といっても過言ではない小説『Diner ダイナー』が実写映画化されるらしい。

 

この小説は、読む手がまったく止まらないとはこういう事だというほど中断するタイミングが難しく、一気に読み終えてしまった。

まるで、タランティーノの映画を小説で読んでいるような疾走感。

 

それを、本当に映画で見られることに。

 

原作を読んで脳内上映された『Diner ダイナー』超えを期待したい。

 

 

 

冒頭に紹介した「他人事」は、理不尽さや不条理さがすさまじく、読後感が不快極まりない。

 

全14話の短編からなるこの作品。

1話読み終えるごとに、「何でそんな事になるんだよ・・・」と、不幸なストーリーにどっと疲れる。

 

しかし、ついつい次の話に足を踏み込まずにいられないのは平山作品いつもの事。

 

 

自宅の本棚にはもちろん「平山夢明コーナー」がある。

 

が、もし平山作品が小説ではなく、漫画のような、その残酷さを視覚でとらえやすい媒体であったとしたら。

 

おそらく「平山夢明コーナー」はエッチ本さながらに押し入れの奥、いやさらに奥の方に陣取っているかもしれない。

 

間違って親にでも見られたら、エッチ本を見つけられるよりも、とんでもない目で見られそうだから。

 

それだけ、他人に見つかってはいけない世界が繰り広げられている(エロの要素はほとんどないのに、だ)のである。

 

----

ひとごと「他人事」とは

ひとごと【人事・他人事】

自分に関係ない事。他人に関する事。たにんごと。 「 −とすましてはいられない」 「まるで−のような顔をしている」

 

出典 三省堂

 

https://kotobank.jp/

 

----

約一ヶ月前になるが、池袋でクルマが暴走し、31歳の母親と3歳の長女が死亡した(事故現場は、俺がいつも青春(音楽以外のお金稼ぎ)中、通過する道路。今でも献花台には、花がたくさん手向けられている)。

 

その後も、立て続けに尊い人命が失われる事故が起こっている。

 

特に、幼い命が犠牲になったという報道を見ると、どうしょうもなくやるせない気持ちになる。

 

自動車が大衆化して約100年くらい。

 

これまで何度、こういう悲しい事を繰り返してきたんだろう。

 

思えば交通事故の当事者は、いつでも、いつの時代でも加害者も被害者も事故が起こる寸前までは、どちらも普段通りに生活していたのだ。

 

普段どおり、「おはよう」「行ってきます」と、愛する家族へ伝えていたであろう。

 

普段どおり、「今夜は〜して、明日は〜して」と、明日のこと、未来のことを考えていたであろう。

 

まさしく今の《自分》の状況ではないだろうか。

 

これは、「他人事」ではない。

 

 

----

最近、見つけた記事

 

歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由

https://diamond.jp/articles/amp/201713?display=b

 

詳しくは記事を見てほしいのだが、かかれている内容を端的にいうと、「日本社会、歩行者軽視しすぎ」ということ。

 

超、分かりやすい例が、本当良く見かける光景「日本では信号のない横断歩道で車が止まらないのが当たり前。」

 

 

記事内を引用すると

2016年、JAFが各都道府県で2ヵ所ずつ、全国合計94ヵ所で信号機のない横断歩道を通過する1万26台を対象に調査をしたところ、歩行者が渡ろうとしている場面で止まったのは757台(7.6%)だった。

 

身近にも信号のない横断歩道が存在するが、まあ、ほとんど止まらない。

 

先日は公共のバスでさえ、スピードが緩む素振りも見せず、通過していった。

 

 

ちなみに、道交法では

【道路交通法第38条 第1項】
車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

このようになっている。

 

つまり、信号のない横断歩道付近は

 

歩行者や自転車がいるかいないか不明な時は徐行。

 

そして

 

横断、あるいは横断しようとしている歩行者等がいる場合は一時停止。

 

 

普段運転する身として思う。

 

このルールを守る事は、事故の悲しみを「他人事」にしない、まず自分が出来る一歩。

 

俺も守ります。

 

運転するみなさん、お願いします。

 

 

運命

 

ーーーーーーーーーーーー

 

●ロザンナ ライヴ情報

2019年7月7日(日)新大久保CLUB Voice

 

OPEN/16:00 START/16:30 ¥2000(2D別¥500)

 

詳細は

http://clubvoice.jp/smartphone/17anniver.html

まで。

 

★チケット予約

http://banban-banban.com/page007.html 

上記ページの、メールフォームよりお願いします。

〜チケットのご予約は、お名前、日付、枚数を記入の上、送信ください〜

---------

ロザンナ 運命

青鬼盤より 鬼ノ劇場

 

---------

阿野運命

 

 

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

 

焦った・・・本当に焦った。

 

昨夜、友人の死の一報が届いたのだ。

 

死をむかえた友人とは、元ロザンナBa。

「ロミ」こと竹田博美。

 

 

呆然としながら俺は、彼の死を知らせる報道番組を眺めていた。

 

テレビに映し出される、死の直前に撮ったというモノクロ写真。

 

その姿は軍服を着用。

同志であろう仲間達と肩を組み、こちらを見据えていた。

 

ナレーターは伝える。

 

「彼らはレイテ沖海戦で勇敢に戦い、戦死しました。」

 

 

俺「・・・」

 

あまりのショックに言葉を失った。

 

当たり前だ。

 

死んだという情報だけでも驚くのに、死んだ状況が[戦死]なのだ。

 

 

しかし、何て事だ。竹田くんが死ぬなんて・・・。竹田くんが死んじまった・・・。竹田くんが・・・

 

 

・・・うーんうーん・・・

 

 

ガバッ。

 

 

布団から飛び起き目覚めると、いつもの寝室がそこにあった。

 

 

鼓動は驚くほどの速さでビートを刻んでいる。

 

額にびっしりとこびりついた汗。

 

  

俺「はー、はー・・・。ゆ、夢か。しかし、ただ寝ていただけなのに、何て体験なんだ。」

 

 

夢でよかったという安堵感と共に、俺は改めて魅了されていた。

 

 

"睡魔"という悪魔にとりこまれた世界の影響力に。 

 

そう、「夢」という世界の魔力に。

 

 

 

●夢の魔力とは

 

睡魔に取り込まれた後、広がる世界「夢」。

そこは、まるで魔法にでもかかったかのような出来事が巻き起こる。

 

今回は、その「夢」の世界について、考察したい。

 

 

1,眠りながら人と出会える。

 

夢の世界では、親族、友人、恋人、元カレ元カノ、有名人、死人、宇宙人にだって出会えたりする。

寝ているのにもかかわらず、だ。

 

これは、まさに魔力。

 

しかしリアルの世界では、相手は自分に会っている事を知らないので、「お、この前はお疲れ!」などと伝えても、「は?」な顔をされるだけなので、注意したい。

 

 

2,恋がはじまったりする。

 

こちらも、夢での出会いに関する魔力。

 

いままでまったく意識していなかった異性(同性)が突然夢に登場し、それから妙に気になり始め、気付けば恋に落ちていたなんてよくある話。

 

まさに魔力だ。

 

ちなみに夢をたくさん見る人は、それだけたくさんの異性(同性)と出会うため、ついつい恋が多くなりがち。恋愛トラブルに注意したい。

 

3,時間軸に縛りがない。

 

例えば今回の夢。

舞台は現代だ。

そしてロザンナ元Ba 竹田君は、俺と同じ40歳。

 

しかし、死んだ日(夢の中で)は、レイテ沖海戦時となっており、なんと1940年代。

今を生きていた人間が、過去で死んでしまったりする。

 

リアルな世界での時間軸なんて通用しないのだ。

 

恐るべき夢の魔力。

 

※ちなみにレイテ沖海戦とは。

レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、英語: Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月20日から同25日にかけてフィリピンおよびフィリピン周辺海域で発生した、日本海軍アメリカ海軍オーストラリア海軍からなる連合国軍との間で交わされた一連の海戦の総称。

引用 wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/レイテ沖海戦

 

  

4,夢がある。

 

決して、駄洒落などではない。

 

「夢占い」というものをご存じだろうか。

 

見た夢が、現実にどういった状況を及ぼすか、どんな意味があるのかを予測する占いだ。

 

特に今回みたいな悪夢を見たあとは、悪い事が起こる前兆ではないか?と不安に思ってしまうもの。

 

やはり、今回も占ってしまった。

「友人 死ぬ夢」で検索。

 

すると、見つけたのが下記のサイト

 

Bi-facenavigator

https://bi-facenavigator.com/lucky-die-dream/

 

 

このサイトによると

友人、知人、会社の上司や同僚、友達の親や知らない人物など他人が死ぬ夢は、主に金運アップを示す吉夢!
人によっては、ラッキーな幸運が訪れたり、あなたの願いが叶う前に見ることもあります。

引用 Bi-facenavigator

 

 

さらに続く

結果的に「人が死ぬ夢」は金運がつくことを暗示しています。

 

この時、死体に大量の血が流れていたり、血液が自分の身体や服につけば、更に金運アップの意味を強めます!

 

また次々と人が死ぬ夢も、他人が殺される夢も強烈な夢ですが大金運の暗示になります。

 

金運アップとは、現金収入だけではなく、宝くじや懸賞が当たる、人から物をプレゼントされる、無料で何かのサービスを受けられる、欲しかった物を安く買うことができる、仕事が決まって安定した収入を得られるようになるなど、その人の状況によって様々な形で現れます。

 

また、特定の友人知人が亡くなる夢を見た場合、金運以外にも、実際に「その亡くなってしまった方」に何らかの幸運な出来事が起こる場合もありますよ!

引用 Bi-facenavigator

 

ご覧いただけだろうか。

 

これほど人の死を軽快に、かつハピネスに語る文章を、今まで見たことがない。

 

まさに魔力だ。

 

とにかく、人が死ぬ夢というものは、金運がつくらしい。

しかも、宝くじや懸賞まで当たるかもしれないとの事。

 

これは「夢」がある。

 

そして書いてある通り、夢の中で死んだ当人にも何らかの幸運が待ち構えているかもしれないのだ。

損する奴が、誰もいない。

 

まさに魔力。

 

5,メモをとりたくなる。

 

中には、「夢、全然見ないんですけど」という人もいるかもしれないが、それはもったいない。

 

研究によれば、誰しもが1日3〜5つ程の夢を見ているとの事。

 

もしあなたが、夢を覚えていたとすればどうだろう。

すると、4,夢がある。で記した通り、幸運が待っているかもしれない。

 

わずかでもいい。

目覚めたその瞬間、かすかな夢のカケラをノートに記すのだ。

 

何らかの目的を持って、日々、あらゆる情報に対して、毛穴むき出し状態でいられるかどうか。

 

この姿勢が、あなたの未来を決めると言っても過言ではない。

 

これを、「夢モの魔力」と名付けようと思う。

 

※一部の文章等、丸パクリしている。が、そんな事も平気でやれるようになる。

 

これも魔力の為だ。

 

 

まとめ

 

長々と書いてしまったが、正直言おう。

 

夢なんて、「なんでもあり」の一言で済む。

 

なのに、日曜の午前中を丸々使って書いてしまった。

 

これは、もちろん魔力のせいだ。

 

 

みなさんも、是非夢の力で、明るい未来を手にしてほしい。

 

 

では、よい日曜日を。

 

 

運命


メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

ーーーーーーーーーーーー

 

●ロザンナ ライヴ情報

2019年7月7日(日)新大久保CLUB Voice

 

OPEN/16:00 START/16:30 ¥2000(2D別¥500)

 

詳細は

http://clubvoice.jp/smartphone/17anniver.html

まで。

 

★チケット予約

http://banban-banban.com/page007.html 

上記ページの、メールフォームよりお願いします。

〜チケットのご予約は、お名前、日付、枚数を記入の上、送信ください〜

---------

ロザンナ 運命

青鬼盤より 鬼ノ劇場

 

---------

阿野運命

 

 

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

 

 

●上皇陛下を「平成天皇」と呼ばない理由

 

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/heisei-reiwa

 

令和4日目。

 

ネットニュースを眺めていると、上記の記事を見つけた。 

 

何でも、「退位された上皇陛下を「平成天皇」とは呼ばない」との事。

令和に関しても同様に。

 

昭和、大正、明治は何も疑問を持たず「天皇」を使っていたが、何故だろうか。 

 

◆「〜天皇」という呼び名は諡(おくりな)だから。

 

答えは「〜天皇」という呼称が諡(おくりな)だから。

 

諡(おくりな)とは

“ 

おくりな【諡・贈り名・謚】

生前の徳やおこないに基づいて死者に贈る称号。のちの諱いみな。諡号しごう

戒名。 「寺院遠ければ−を求むるすべもなくて/読本・雨月 浅茅が宿

 

出典 三省堂

https://www.sanseido-publ.co.jp

 

つまり、上皇陛下、天皇陛下が崩御されるまで(一般人に例えて言うと、亡くなるまで)は、「平成天皇」も「令和天皇」も存在しない呼び名なのだ。

 

日本人として、必須知識なはず。

お恥ずかしながら、まったく知らなかった。

 

おそらく、平成から令和への改元がなければ、目にしなかった記事かもしれない。

 

令和の恩恵。

 

ひとつかしこくなりました。

 

 

運命

 

 

ーーーーーーーーーーーー

●ロザンナ ライヴ情報

2019年7月7日(日)新大久保CLUB Voice

 

OPEN/16:00 START/16:30 ¥2000(2D別¥500)

 

詳細は

http://clubvoice.jp/smartphone/17anniver.html

まで。

 

★チケット予約

http://banban-banban.com/page007.html 

上記ページの、メールフォームよりお願いします。

〜チケットのご予約は、お名前、日付、枚数を記入の上、送信ください〜

---------

ロザンナ 運命

青鬼盤より 鬼ノ劇場

 

---------

阿野運命

 

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

 

 

●突然の死


 

先日、お世話になった叔父さんが亡くなった。

 

突然の死の知らせ。

 

母親から聞いた話によると、数年前からがんを患っていたとの事。

 

享年68歳。

 

人生80年、100年と言われている現代からすれば、早過ぎる死かもしれない。

 

 

叔父さんは、母親の兄にあたる。

 

出身は、長崎にある五島列島最北端、宇久島。 

 

俺が物心つく頃には、島を離れ広島に住んでいて、18歳まで長崎の佐世保、その後上京した俺が叔父さんと会えたのは、数える程度だ。

 

それでも、人生の節目には、必ずメッセージやお祝いをくれ励ましてくれた。

 

感謝しかない。

 

 

 

 

叔父さんとの思い出で覚えているのは、俺が小学生の頃。

 

毎年夏休みになると、宇久島にある祖母の家に遊びにいっていたのだが、その叔父さんも里帰りで、俺と同じ年頃の子供たちを連れ、島に遊びに来ていた。

 

とてもやさしくて、集まった子供たちから

 

「フジおじさん(フジオが叔父さんの名)、海に連れていって!」

 

と、せがまれ、微笑んでいた光景を今でも思い出す。

 

子供たちに向けた眼差しの温かさ。

 

大人になって気づいた。

あれは愛だ。

 

叔父さんだけではない。

 

両親、祖父に祖母、親戚の人たちに囲まれ過ごした時間。

今思えば、たまらなく愛が溢れていた。

 

今では、その祖父も祖母も亡くなり、叔父さんもいなくなった。

 

もう、どこを探してもあの時間は存在しないのだ。

 

 

●42歳厄年


 

40歳の今年。数え年で42歳になり、厄年にあたる。

 

しかも大厄らしい。

 

「厄年には、悪い事が起こる。」

 

世間では良く、そう言われる。

 

現に、俺もがん検診で引っ掛かり再検査を受け、初めて胃カメラを飲んだ。

 

(再検査の結果、慢性胃炎との診断。最悪の結果は免れるも、ピロリ菌に感染している可能性があるらしい。しかし、それより何より胃カメラの辛さ。「がんなんかで死にたくない。」と飲んだ胃カメラで「この辛さから逃れられるなら、死んでもいいかも」と思うなんて。。。)

 

そして、がんの恐怖に輪をかけて襲ってきたのは、肩の猛烈な痛み(寝ているだけでも痛かった。おそらく、四十肩。)。

  

 

自分の体調不良、叔父さんの死の知らせ。

 

この記事を書いてる途中には、以前このブログにも登場した、義母の溺愛しているイヴちゃんも亡くなった。(運命ブログ 魔性の女 参照 http://kyou-no-unmei.com/?eid=1133707)

 

今まで当たり前に存在した【健康】や【生命】が、立て続けに消えていく。

  

ふりかかった、一連の出来事。

 

よく言われる「厄年には、悪いことが起こる。」は、その通りなのかもしれない。

 

形あるもの、いつかはガタも来るし、いずれ滅びる運命にある。

 

40歳近くになれば、周りにいる家族、昔お世話になった親類も同じだけ年を取り、老いている。

 

病気になり、悲しいが亡くなる人が出てくるのも当然だ。

 

子供がいれば、成長し行動範囲が広くなり、怪我をしたりとリスクも増えるのもこの年代。

 

いろんな出来事がまとめて起こるのが、この厄年なのだろう。

 

スピリチュアルな事であったり、偶然な事ではない。

 

 

 

●バトンタッチ


 

叔父さんの死を知る、数日前。

 

弟に、待望の第二子が誕生した。

 

可愛らしい男の子だ。

 

母子ともに健康。こんな嬉しい事はない。

 

第一子も男の子で、現在2歳。超人見知り。

 

半年前。

 

第一子に会うのは二度目だったが、「こんにちは。」と挨拶すると、そんな人見知り全開で、ささっと親の影に隠れてこちらを伺っていた。

 

またそこが可愛らしく、笑ってしまった。

 

その光景で思いだし、気づいた。

 

俺が、その子を見る眼差しは、間違いなく愛に溢れていた。

 

お世話になった、叔父さん、祖父に祖母からバトンタッチしたのだ。

 

今度は、自分達が愛を与える番。

 

もうすぐ、春が来て、夏が来る

 

子供たちと、海に行きたくなった。

 

 

運命

 

 

人見知りの第一子と、先日産まれた赤ちゃん。

 

ーーーーーーーーーーーー

●ロザンナ ライヴ情報

2019年7月7日(日)新大久保CLUB Voice

 

OPEN/16:00 START/16:30 ¥2000(2D別¥500)

 

詳細は

http://clubvoice.jp/smartphone/17anniver.html

まで。

 

★チケット予約

http://banban-banban.com/page007.html 

上記ページの、メールフォームよりお願いします。

〜チケットのご予約は、お名前、日付、枚数を記入の上、送信ください〜

---------

ロザンナ 運命

青鬼盤より 鬼ノ劇場

 

---------

阿野運命

 

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

 

 

1